中国黒龍江省方正地区慰霊訪中団
ちゅうごくこくりゅうこうしょうほうせいちくいれいほうちゅうだん


満州より逃げ帰ることのできなかった8万人とも言われている開拓団の方々が犠牲となりました。死体の山となったのを見かねて現地の方が埋葬して下さった日本人公墓に、また残された日本人の子供を育てた為に殺された中国人養父母の墓に教会長ご導師のもと心一つにし、心からのご供養を捧げました・・・・・




スケジュール


6月16日(土)
 神戸教会出発→関西空港10:00発→北京空港12:05着→北京16:10発→ハルピン17:40着→ホテル(ハルピン泊)


ハルピン空港


6月17日(日)
 ハルピン8:30発→方正懸11:30着→日本人公墓慰霊・養父母公墓慰霊・日中友好平和の塔参拝→ホテル着
 夕食→方正懸人民政府関係者との交流会(方正泊)

<感想>

○日本人公墓の前で平和の誓いを発表させて頂きました。中国の人々の気持ちを感じ、色々な思いが心の中で入り混じりながらも、最後までしっかり眠っている人々に僕の気持ちを伝えられたと思います。ぜひ次回も訪中団の一員として参加させて頂きたいと思います。 (青年男子)

○日中友好は足元の実践からと思い、中国を学び、中国の大地をふみしめる事によって平和への理解の第一歩が得られると確信しました。 (60代 女性)

入り口 日中友好の軌跡が記された石碑 日本人公墓 清掃 献鶴
献花 慰霊供養 慰霊供養 平和への誓い 平和への誓い
中国人養父母公墓 慰霊供養 日中友好記念の塔 清掃 平和への祈りの言葉


6月18日(月)
 方正7:30発→バスにてハルピン10:30着→侵華日軍731部隊罪証陳列館にて慰霊と見学→ハルピン15:30発→杭州18:30着

 市内夕食→ホテル(杭州泊)

<感想>

○731部隊罪証陳列館敷地で、生体実験が行われた施設を見学し、写真で見るより当時の悲惨さが伝わってきました。命の重みが分からなくなってしまう戦争を二度と犯してはならないと感じ、開祖さまの教えを実践させていく事を平和の誓いで述べました。この体験で感じたことを多くの人に伝えていきたいと思います。 (青年男子)

敷地内に通る線路 研究所専用発電所 冷凍実験室 祭壇
慰霊供養 平和への誓い 平和への誓い


6月19日(火)
 杭州ホテルからバスにて天台山へ→国清寺へ謁見・見学・智者塔院へ見学→(天台山泊)

<感想>

○三大霊山の一つの天台山山頂にまさか自分の足で聖地を歩けるとは、夢のようで感激しました。 (60代 女性)

国清寺 国清寺允觀監院さんと謁見 允觀監院さんと共に記念撮影 最初に建てられた寺
天台大師が説法された場所 1200巻のお経を入れた石碑 智者塔院でのご供養 智者塔院での修行体験


6月20日(水)
 天台山→杭州・西湖などを見学→杭州泊



6月21日(木)
 杭州13:40発(NH952)→関西空港16:55着

<感想>

○妻と二人で三部経を一巻読誦して慰霊訪中に参加しました。慰霊訪中をする中、戦争悲惨さ、平和の有難さを痛感しました。方正懸政府関係者との心温まる交流、そこで各人に頂いた扇子は妻とお揃いで前世からの因縁を感じました。天台山、国清寺、智者塔院でのご供養、浄慈禅寺参拝と有難い事の連続でした。西湖では、早朝妻と手をつないで散歩しました。妻との絆を再認識できました。この訪中で頂いた宝物のような功徳を沢山の方にお分けできるよう精進していきます。 (50代 男性)