花まつり


4月8日はお釈迦さまのお誕生日です。すべての草木が芽を吹き、花を咲かせる美しい季節、4月8日にお釈迦さまはお生まれになりました。一般的には「花まつり」と呼ばれ、仏教三大行事の一つです。この日は、お生まれになった地ルンビニーの花園を模した、美しい花々を飾った花御堂を設け、中央に誕生仏を安置して甘茶をそそぎ、お釈迦さまの誕生をお祝いします。お釈迦さまは私たち一人ひとりがかけがえのない命を頂いている尊い存在であり、その命の生かし方を示されるためにお生まれになりました。心から他人のことを思いやる瞬間には、その瞬間だけでもわたしたちも仏になっているのです。本当のしあわせは、人のことを思いやったり、人から思われたり、心配したり、心配されたりしながら生きるところにあります。4月8日はだれにもある”仏のいのち”を見つめ直す日にしたいものです。



クリックしてね↓

花まつりってなぁに?