少年部 ダルマワールド

最近のニュースでは家庭内のトラブルから子どもが犠牲になる事件が急増しています。それは戦後の教育が心の教育を忘れた積み重ねの結果といわれています。
健全な子どもの育成に宗教は欠かせません。佼成会では今回ダルマワールド2006を次の目的で7月29日に行いました。
3つの実践とお手伝いの実行です。小学生は勉強・遊び・お手伝いが本当に大切な柱となっていますので、時間がたくさんある夏休みにお家の方と何かひとつ自分の出来るお手伝いを相談して決め、実践する。そうすると、自分が家庭の中での役割を任されたことにより、命の尊さに気づき、目覚め、生き生きとやる気の芽が出るのだと思います。又、近年核家族が増える中、お年寄りとの交流、学生のお兄さん、お姉さん方とのふれあいで(幅広い年齢層との交流で)思いやりや智慧を学んでほしいとの願いがありました。
ダルマでは、昔遊びを楽しんだり、お化け屋敷、昼食として昔の食べ物「すいとん」をみんなでいただきました。
和気あいあいと子どもたちも喜んで各コーナーをまわっていました。七夕コーナーでは「願い」を短冊に書いて飾りました。年代を超えて、和やかな雰囲気の中子どもたちにも楽しい思い出となったらうれしく思います。



    
ゆめポッケ発送式(ご供養)



   
婦人部のお母さん達が一生懸命作ってくれました。とっても「おいしい!!」かったです。



    
昼 食(すいとん



昼 食(すいとん
1番は12Mも飛びました。



      
昼 食(すいとん



昼 食(すいとん



       
昼 食(すいとん



昼 食(すいとん
わかりやすく、やさしく、教えてくれました。



  
昼 食(すいとん



     
昼 食(すいとん
「昔はこんな遊びしかなかったからね〜」とゆずりはさん。さずが上手でした。
いろいろな遊び方を教えてもらい子供達も楽しそうでした。



昼 食(すいとん
「パーン」と大きな音が鳴った時、とってもうれしそうでした。



   
昼 食(すいとん
学生部さん、おばけの熱演すばらしかったです。部屋からは「きゃー」という声が聞こえていました。



昼 食(すいとん


昼 食(すいとん





ゆずりはさんと一緒に七夕をし、短冊に願い事を書きました。
その中には「家族が幸せになるように」や「みんなが幸せになりますように」
などもありました。子供達の願いが届きますように・・・・。