バックナンバー

「お手配」

「大丈夫か」


「主人を大切に」

「幸せを願う生き方」

「素直に実践」

「執着の心が薄まって」

「菩薩行の中で」

「温かい目で見る」

「母の願いは私の幸せ」

「全て同じ」

「信じて実践」

「幸せになれよ!」

「本当の優しさ」

「どんなことも受入れる」

「共に生きていく」

「思いに応えたい」

「自分の生きる道」

「慰霊に参加して」

「主人の愛情」

「山あり谷あり」

「今しかない」

「父のように」

「素直になると」

「日々内省」


「父が」

「見方・受けとめ方を変える」

「苦労ではなく精進です」

「相手の立場に立って」

「父と妹の事も私自身」

「苦があるお陰さま」

「大丈夫だからね」

「どうにもならない」

「有難い存在」

「ご指導通り」

「あんたなら出来る」

「変わるチャンス」

「主人と私と自閉症の息子」

「関係を見つめ直す」

「ひたすら信じて」

「このままでは駄目」

「とにかく笑う」

「受け入れる」

「開祖さまに導かれ」

「お任せ」

「答辞」

「真剣に心を込め」

「家族」

「母が脳内出血で倒れて」

「向き合う大切さ」

「夢中で功徳を積む」

「大丈夫だよ」

「喜びで見ていく」

「温かく優しいふれあい」

「自分の出来ることをする」

「命あることが奇跡」

「全て必要なこと」

「一千万円を超える借金」

「二十歳の誓い」

「離婚の危機」

「離島で一人暮らしの兄」

「おはようで人生が変化」

「母の思い」

「訪中団に参加して」

「主人の交通事故」

「別居中の主人が突然」

「親孝行が出来るなら」

「数億の負債」

「私って素敵」


「漠然と生きてきた」

「心を立て直す」

「死のうと思ったことも」

「義理と人情でやむなく」

「ブログ担当者」


「GIVE&GIVE」

「友人の死」

「ARMS DOWN!」


「カンボジアに行って」

「自閉症の息子」

「余命半年」

「バイクで大事故」

「父の借金はプレゼント」

「家庭に無関心な主人」

「死ぬかもしれない」