小学生のページ
 
 立正佼成会って、
 神戸教会って
 どんなところ?

 
 
少年少女の誓い
 
 少年部へのリンク

 お釈迦さまの
 少年時代

立正佼成会ってどんなところ?
いつできたかな・・・・・?
 立正佼成会は、昭和13年に開祖・庭野日敬(かいそ・にわのにっきょう)と長沼妙佼(ながぬまみょうこう)が創ったんだ。仏さまが教えてくれたことをみんなに伝えて、みんなが幸せになってほしいと願って創ったんだよ。

立正佼成会の名前の意味はなんだろう・・・・・?
 それは「立正」しい教えに脚(たよりにする)するということなんだ。「佼成」は、たくさんの人がわることによって、お互いに親切にしたり、大事にしたり、励ましあいながら人のためになるような人間にるという意味なんだよ。

どんなことをしているの・・・・・?
 立正佼成会は、仏さまの教えてくれたことを家や学校などで実践しているんだよ。たとえば、お友だちにやさしくしたり、悩んでるお友達の話を聞いてあげたり、世界中のみんなが幸せになってほしいと思っていろいろ活動したり(一食(いちじき)・アフリカへ毛布を送る運動・夢ポッケなど)、そして、みんなは今、こうして元気に暮らしているけれど、ひいおじいちゃんや、ひいおばあちゃん、さらにはもっと古いたくさんのご先祖さまのいのちのつながりがあれって、今の自分がいるんだよね。そのことも忘れずにご先祖さまに感謝して大切におまつりしていこうね。
 
神戸教会ってどんなところ?
いつできたかな・・・・・?
 昭和25に神戸に出来たんだ。神戸教会は、立正佼成会の全国239教会のうちの一つなんだよ。

どんなことをしているの・・・・・?
 少年部では夏休みに少年ダルマワールド、冬休みはクリスマス会、小学生の友だちと一緒に楽しいことをしているよ!神戸には神戸まつりってお祭りがあるんだけど、そのときには、サンバを踊ったり、楽器をしたりしているよ。