基本信行
 
教団年次方針
 教会実践目標
 
修行紹介
 朝夕のご供養
 法 座
 当 番
 ご命日参拝
 本部参拝
 導 き
 手取り

法  座
「本当の自分」を発見する
 
 立正佼成会の「法座」は、多くの信仰の仲間が集まって、お互いが学び合い、共感し、磨き合い、向上し合う・・・。文字通り、法にもとづく出会いの場です。
  具体的には、法座主といわれる人を中心にして、参集者が車座になり、日常生活の悩みを仏さまの教えに照らし合わせて解決の道を学んだり、人生の問題についての語り合いがなされます。
 
  迷い、苦しみ、悲しみ、嫉妬、怒り・・・。私たちは、日々、さまざまな感情に左右され、ともすれば自分を見失いがちになります。法座で、自分の正直な思いを語り、問題を仏法に照らし合わせることによって最善の解決策を見つけることができます。また、他の人が語る話も、自己を振り返りながら聞かせていただくと、必ず新たな気づきが得られます。
 
  仏教を生活に生かし、誰もが幸せになる道を示すのが立正佼成会の法座です。問題の解決とともに、自分の生きがい、希望、可能性までも発見できます。