立正佼成会とは
 開祖随感
 (開祖庭野日敬の教え)
 急がず、休まず
 (会長庭野日鑛の法話)
 本部へのリンク
 出版社へのリンク

立正佼成会とは
 立正佼成会(りっしょうこうせいかい)は1938年(昭和13年)3月5日に庭野日敬(にわのにっきょう)と長沼妙佼(ながぬまみょうこう)が創立した在家仏教教団です。現会長は庭野日鑛(にわのにちこう)で、国内に239教会、海外に56拠点があり、会員数は166万世帯です。
 
立正佼成会とは
立正佼成会は、釈尊が悟られた真理とそれに基づいて説き示された法華経を学び、その教えを家庭や職場、地域社会など、生活の場に生かすことによって人間性の向上をめざしています。さらに、多くの人々と助け合いながら、思いやりに満ちた平和な社会づくりに取り組んでいます。